山と釣りとカメラの備忘録

来るべき世界の終末に備えてAmazonやセブンイレブンで買い物をしたり、山や釣りに行ってます。

【釣り】奥多摩 TOKYOトラウトカントリー

前回の自然渓流デビューは見事、撃沈だったので魚を釣り上げる感覚を確かめるべく、去年の10月ぶりにTOKYOトラウトカントリーさんに行って来ました。

2017_0702_09350700

当日は9時ちょい過ぎに現地到着。天気が微妙でしたが何とかなりそうです。今日はルアー、テンカラ持ってきました。まずはルアーを準備します。魚を釣ったのは去年の10月にここで釣ったのが最後です。

2017_0702_09355000

準備を整え、一服してから川に降ります。そしてクラブハウス目の前のメインストリームへスプーンをキャスト、なんと一投目からヒット。ニジマスです。

2017_0702_09421400

これは幸先が良い。久々の感触です。が、しかし、その後が続きません。こんなに魚は泳いでいるのに…

2017_0702_10112200

いつもに比べてお客さんも多く、すでに叩かれまくってるんでしょうか。状況を変えるべく、橋をくぐって下流に移動します。しかし、ここでも釣れません。。スプーンからミノーへ、ミノーからスピナーへ。ルアーを変えても追ってきません。たまに追ってきてもすぐに見切られます。

2017_0702_10244200

一匹釣れてるので精神的には楽ですが、こうもスレてると簡単にはいかなさそうです。下の写真は魚ではなく、トカゲ。望遠レンズが欲しいです。

2017_0702_11425000

午前の部はこれで終了。お昼休みにコーヒーで一服して、午後からはテンカラです。クラブハウス下には白いチョウがたくさん飛んでました。

2017_0702_12201600

午後の部開始です。14時くらいには引き上げようと思うので正味、2時間の勝負です。久々のテンカラですが、竿を振ってるとなんとなく感覚が戻ってきたような気がします。毛鉤もそこそこ飛ぶようになりました。しかし釣れません。毛鉤を換えてみたり(毛鉤は成果にほぼ関係ないみたいですが)上流にいってみたり、と粘ります。時間もだいぶ経ち、テンカラは厳しいかと諦めかけていたその時、投げ込んだ毛鉤の着水と同時に水面が持ち上がり、魚が毛鉤をひったくります。同時に合わせをくれてやると見事、ニジマスがかかりました。粘り勝ちです。14時は少し過ぎましたが良しとします。

2017_0702_14102900

中々、渋い状況でしたが約5時間でルアー(スプーン)とテンカラ、それぞれ1匹づつの計2匹。久々に魚を釣る感覚を味わえて良かったです。

2017_0702_14164500

自然渓流で傷付いた心を癒しにここへやってきましたが、自然渓流で釣れる様になっても初心を忘れるべからず、ここへはお邪魔したいと思います。今シーズン、自然渓流で1匹を目標にがんばります。