備忘録

来るべき世界の終末に備えてAmazonやセブンイレブンで買い物をしたり、山や釣りに行ってます。

【登山】前泊で行く残雪の木曽駒ヶ岳(中央アルプス)

今シーズン最後の雪山です。最近、都内では桜も散って気温が20度を超える日もあったりと4月も終わりになれば暖かくもなってきます。今回はのんびりと前泊して中央アルプス木曽駒ヶ岳(2956m)に行くことにしました。中央アルプスは初めての山域です。標高はありますがロープウェイで2612mまで上がれるのでお手軽です。

2017_0423_12404100

1日目は19:00過ぎに駒ヶ根駅に到着です。前泊だと移動にゆとりがあって楽です。しかし遠かった。

2017_0422_19180500

【1日目】

04/22(土)

駅について早々、腹が減っていたので駒ヶ根名物のソースカツ丼を食べに行くことに。向かった先はソースカツ丼振興会の会長がやっているという駅から徒歩3分のお店『中華料理 きよし』さっぱりしていておいしかったです。

2017_0422_19444200

腹ごしらえが済んだら駅前からタクシーに乗って駒ヶ根温泉ホテルへ。ここのホテルがシングル前金で1泊3800円という驚異的な安さ。部屋はまぁ推して知るべし。ある意味、雰囲気があるとも言えます。菅の台バスセンターまで歩いていけるので利便性はいいです。温泉に入ったら明日に備えて早めに就寝です。

2017_0422_20202600

翌日は朝06:00に起床。天気は見事当たってくれました。身支度を整えて06:45にホテルを出発、07:15発の始発バスを狙います。

2017_0423_06095800

【2日目】

04/23(日)

  • 06:45発 駒ヶ根温泉ホテル
  • 06:50着 菅の台バスセンター
  • 07:18発 菅の台バスセンター(増発便)
  • 07:48着 ロープウェイしらび平駅
  • 08:00発 ロープウェイしらび平駅
  • 08:10着 ロープウェイ千畳敷
  • 08:40発 ロープウェイ千畳敷
  • 09:30着 乗越浄土
  • 09:40発 乗越浄土
  • 10:00通 中岳
  • 10:30着 木曽駒ヶ岳 山頂
  • 11:30発 木曽駒ヶ岳 山頂
  • 12:00通 中岳
  • 12:10通 乗越浄土
  • 12:30着 ロープウェイ千畳敷
  • 13:00発 ロープウェイ千畳敷
  • 13:08着 ロープウェイしらび平駅
  • 13:14発 ロープウェイしらび平駅(臨時便)
  • 13:48着 菅の台バスセンター
  • 13:55発 菅の台バスセンター
  • 14:09着 駒ヶ根
  • 14:40発 駒ヶ根
  • 16:00着 岡谷
  • 16:10発 岡谷
  • 18:16着 立川

中央アルプス駒ヶ岳ロープウェイ運賃・時刻表

ホテルから徒歩5分くらいの菅の台バスセンターに着いてみると既に7,80人の列が。始発は逃しましたがそのあとすぐの増発便に乗れました。ちなみにここでバスとロープウェイの往復券を買っておきます。(¥3900)

2017_0423_07010900

バスに30分揺られてロープウェイしらび平駅に到着。ロープウェイの始発運行を前倒したらしく、本来の始発08:00の便に乗れました。そんなこんなで08:10にはもうロープウェイ千畳敷駅です。既に千畳敷カールを登り始めてる人たちが見えます。

2017_0423_08442800

背後には南アルプスの山々。真ん中ちょい左側では富士山が小さく頭をだしてます。

2017_0423_08460100

絶好の登山日和になりました。軽く準備運動をしてアイゼンを装着。千畳敷カールを目指していざ出発です。

2017_0423_08494800

登り始めちょっとして振り返ったところ。なまった体には序盤からキツイです。

2017_0423_09055400

ピッケルも装備してますがストックを使ってほぼ4本足で直登して行きます。まだまだ先は長い。

2017_0423_09081100

ここら辺で正直、心臓が悲鳴をあげます。

2017_0423_09232600

最後の急登。

2017_0423_09292200

乗越浄土到着です。ここでちょっと休憩。乗越浄土まで1時間かからなかったので自分の中ではまずまずです。

2017_0423_09410400

乗越浄土からロープウェイ千畳敷駅を見下ろしたところ。けっこう登ってきたのがわかります。

2017_0423_09393100

乗越浄土から見る宝剣岳。頂上に人が立ってます。

2017_0423_09480500

乗越浄土から見る伊那前岳。綺麗な稜線です。

2017_0423_09413800

次に目指すは前方に見える中岳。

2017_0423_09531200

順調に中岳に到着。序盤に比べて中盤は穏やかです。

2017_0423_10033200

中岳から見る宝剣岳

2017_0423_10034700

中岳から見る伊那前岳。

2017_0423_10035500

西側には木曽駒ヶ岳御嶽山のツーショット。御嶽山はかなり存在感があります。これから中岳を西に下ってそれから木曽駒ヶ岳山頂を目指します。

2017_0423_10045500

いよいよ終盤です。中岳を下った後は木曽駒ヶ岳を登っていきます。それにしても天気に恵まれました。風もそれほどなく日差しが暑いくらいです。

2017_0423_10120300

抜けるような青空の下、最後の直登です。

2017_0423_10183500

景色が開けました。登山開始から1時間50分、10:30 木曽駒ヶ岳山頂です。

2017_0423_10293800

すっぽり雪の中の木曽駒ヶ岳山頂標識。

2017_0423_10313400

木曽駒ヶ岳山頂から見る御嶽山

2017_0423_10320600

木曽駒ヶ岳山頂から見る山々。

2017_0423_10321700

あっちは北アルプス方面、乗鞍岳でしょうか。

2017_0423_10362300

御嶽山のアップ。迫力があります。

2017_0423_10364400

これでもかって言うくらい快晴です。

2017_0423_10375500

南アルプスの奥、ど真ん中には富士山。

2017_0423_10410600

景色を堪能した後、久々に山頂での昼飯です。雪の上で食べるカップヌードルリフィルは格別です。

2017_0423_10481200

景色を眺めたり、昼飯を食べたりとなんだかんだ1時間も山頂にいました。そろそろ下山開始です。

2017_0423_11293200

木曽駒ヶ岳を下って中岳への登り返し。これが微妙にキツイ。

2017_0423_11361200

中岳から見る伊那前岳。稜線上に人が見えます。

2017_0423_11462000

中岳を下って宝剣岳

2017_0423_11553200

乗越浄土まで戻ってきました。宝剣岳に取りついている人たちが見えます。

2017_0423_11590500

乗越浄土から伊那前岳の稜線。宝剣岳と違ってこちらは女性的です。

2017_0423_12004000

最後は千畳敷カールへ下ります。上から見るとけっこうな高度感があります。途中、雪が腐り始めていたのでストックをピッケルに持ち変えて尻セードで下山です。

2017_0423_12065500

そして千畳敷カールへ下りきり12:30 下山完了。抜けるような青空の下、切り立った岩壁と雪の世界。青と白と灰色のコントラストが綺麗です。

2017_0423_12293500

心地よい疲れと余韻に浸りながらロープウェイ千畳敷駅へ。ゆっくりと道具の後片付けをして13:00の便でしらび平駅へ降り、そのまますぐの臨時バスに乗って菅の台バスセンターへ向かいます。

2017_0423_12353300

菅の台バスセンターからはすぐに駒ヶ根行きのバスが出ていて14:00過ぎには駒ヶ根駅に到着です。

2017_0423_14163100

ここまでの接続はいいのですが、この後が続きません。とは言っても30分ばかり電車を待つだけですが。。急ぐわけでも無し、今日の山行を振り返りながらのんびり東京に帰りました。

2017_0423_14212900

 

初めての中央アルプス、主峰の木曽駒ヶ岳。雪に覆われた広大なカールを見ることができて良かったです。遠かったですがその労力に見合うだけの価値がありました。次は高山植物が咲き乱れる頃にでもまた行ってみたいと思います。雪山は次の冬が来るまでこれでしばしお別れです。